ニキビ 予防

ニキビを作らない、作らせないには

ニキビができる原因は、二つあります。一つは過剰な皮脂の分泌による毛穴の詰まり、もう一つは乾燥によって角質が固くなり毛穴が詰まってしまうことです。

 

過剰な皮脂の分泌が原因の場合は、皮脂を取り除くケアや、油性の少ないニキビ用の化粧品を使うケアが一般的です。そして、乾燥によるニキビは、保湿成分が含まれる化粧品で乾燥対策をするケアが効果的と言われています。

 

しかし、実際は思ったような結果が出ずニキビが繰り返しできてしまいがちです。

 

ニキビ予防のポイント

皮脂が過剰に分泌されているニキビタイプでも、きちんと保湿もしないと乾燥を引き起こしてしまいます。さらに、乾燥が原因のニキビタイプも保湿だけしていてもニキビの原因菌、アクネ菌は退治できません。大切なのは、肌を清潔にしてくれるクレンジングときちんとした保湿。両方をきちんと取り入れるケアによって、ニキビができにくくなります。

 

アクネ菌にも、乾燥にも効く「ルナメアAC」

 

通常のニキビケア用の化粧品ではアクネ菌を殺菌できますが、保湿ケアはできません。肌が突っ張る、乾燥するといった状態になりがちです。乾燥を防ぐために保湿ケアを始めても、乾燥は落ち着いたとしてもニキビはなかなか完治してくれません。

 

こうしたニキビケアに最適なのが、「ルナメアAC」です。この化粧品は、アクネ菌が繁殖しやすい毛穴の詰まりを皮膚の保護膜を守りながら取り除き、保湿もしてくれます。その秘密は、「ファアイバースクラブ」というクレンジング効果と、フジフィルムが独自に開発した、「アクネシューター」という成分にあります。

 

ニキビの肌が乾燥することもないのに、ニキビが治りやすい。大人のニキビケアに効果が実感できる商品です。

 

ニキビ予防は、「与えるスキンケア」から始める

 

 

 

中学生、高校生時代にはニキビなど全く無縁で肌荒れトラブルもなかった私でしたが、大人になり仕事を始めると、肌荒れやニキビに悩まされるようになりました。仕事を始めてしばらくすると突然ニキビができるようになり、それまで悩んだ経験も無かったため「どうしたんだろう?」と不安になりました。すぐに治ると安易に考えていましたが、全く治らずひどくなる一方だったので皮膚科に相談に行きました。先生には「ストレスによるホルモンバランスの乱れが原因でしょう」と言われ、お薬も処方して頂きましたがなかなか回復せず「ずっとこのままだったらどうしよう…」と考えるとスゴク嫌で、いつも憂鬱でした。それからは自分なりに食べ物や生活習慣などで、ニキビの原因になりそうなことはできるだけ避けるようにしたり、ニキビに効くとされる洗顔も試してみましたが、あまり効果はみられませんでした。しかし仕事にも慣れ、きちんとニキビ洗顔を使い続け、自分なりにストレスを溜めこまないよう、趣味を見つけて楽しむようになってから、少しづつニキビはきれいになくなっていきました。今でも大人ニキビはたまにできますが、以前のようにたくさんできることはなく、部分的に少し出るくらいで済んでいるので、今後もストレスを溜めこむことがないよう注意していきたいと思います。